北海道胆振東部地震の発生

2018年(平成30年)9月6日 木曜日・・・

千葉県在住の私は、少し遅い夏休みをとり、妻と5回目の北海道旅行で、札幌市にある『豊水すすきの駅』から徒歩30秒のホテルの4階でグーグー寝ていました。

そして午前3時08分、北海道胆振東部地震は起こりました。
グラグラと少し揺れた後、大きな横揺れの地震へと続きました。

私の体感としては、2011年の東日本大震災の時の余震と同じくらいの、割と慣れた揺れの大きさだったので、腹筋でムクッと起き上がった後に「震度5くらいかな」とつぶやき、とりあえずスマートフォンでネットニュースなどを調べました。

まず最初にするべきことは、テレビやスマホで『震源はどこで、最大震度はどれくらいか』を調べることです。

停電

それから30分くらいしたらホテルの非常灯(豆電球)が着いたので、『これはもしや・・・』と思いテレビをつけようと試みるもつかなかったので、停電したことを悟り再び眠りにつきました。

今思うと、旅行中だったこともあり、幸運にも私も妻も、スマホの充電を100%にしていました。

後になって見る事になりますが、充電をさせてくれる市役所などのスポットは、『充電が足りなくて困っている人』で長蛇の列になっていました。

とりあえずスマホさせ使えれば、停電のときも懐中電灯の役割もできますし、電波が届けばRadikoなどのアプリでラジオを聞けます。

迷惑な電話

寝るのも遅かったし、地震で起こされて寝不足だった私たちはグッスリと熟睡していました。

すると6時半に妻の電話が鳴りました。

眠りを邪魔された妻が不機嫌に電話に出ると、義理の母からでした。

心配してくれるのはありがたいですが、電話越しで説教のようなことを早朝からしてくれています。

テレビでは被害の大きい場所や状況をピックアップするので、『北海道が壊滅した』ような感覚で義母は電話をかけてきて、ものすごく疲れてしまいました。

テレビを見て心配をしそうな人には、メールで「地震があったけど大丈夫」と早々に送っておけると良いでしょう。

断水

義母に起こされたのでトイレに行ってみたのですが、水が流れなくなっていました。

私がやってしまったのは、地震で目が覚めたときに、トイレを1回流してしまったことでした。

トイレタンクの水は貴重なので、ちょっとずつ流すか、小の時は流さないくらいでいいのだと思います。

かろうじて、水道をひねるとチョロチョロとまだ水が出たので、今の内に、電気ケトル(湯沸しポット)に数分かけて水を一杯まで溜めました。

ケトルは1リットル程度だったので、トイレを流すのには使えないのですが、これが後々、歯を磨いたり手を洗ったりするときに使えて役に立ちました。

できれば、大きな地震が来た直後に、生活用水を2リットル程度ためておくと後で役に立ちます。

・・・続く。