ツッコミ

ツッコミで相手を励ましフォローすれば優しい人と思われる

投稿日:

励ましやフォローで雰囲気が柔らかくなる

つまらないボケを誰かが言って、雰囲気が白けてしまったときに、フォローを入れて反応をしてもらえるだけで、白けた雰囲気は一気に柔らかくなります。

それは、ボケをかました人だけではなく、その雰囲気に包まれている人全員に恩恵があります。

励ましやフォローは味方と思ってもらえる

ボケた人にとっては、シーンと白けた雰囲気に救いの手を差し伸べることになりますから、「この人は味方だ」「良い人だ」という認識をされやすくなります。

それが好きな人や尊敬できる先輩などであれば、あなたの好感度は間違いなく上がります。

ちゃんと見ている人は評価してくれる

フォローや励ましをできる人を見て、「この人は気が利くな」「周りのことをよく見ているな」と思ってくれる人も少なくありません。

そういうことの積み重ねが、人生の大きなステップにつながったり、価値観のあった仲間を見つけることにもつながることもあります。

具体的な使い方

誰かがつまらないことを言って場がシーンとしてしまったら、

・うん。俺はそのネタ、嫌いじゃないけどね
・顔はカッコいいんだけど、ネタは微妙だったね
・助け舟を出したいんだけど、力不足で・・・ゴメン
・がんばれ!この空気に負けるな!
・(祈りながら)頼む、みんな・・・笑ってくれ・・・

コミュニケーションは相手がいて成り立つ

相手を励ましたりフォローしておくと、後々のコミュニケーションでも優位に働きます。

「過去に自分を助けてくれたから」という理由で、自分が困っているときに誰かがフォローを入れてくれたり励ましてくれることもあります。

コミュニケーションは相手がいて初めて成り立ち、過去の積み重ねで今があり未来があります。

ですので、常に相手に興味を持ち尊重することは、あなたの未来にとってのプラス要素を高めることになるのです。

-ツッコミ


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

叩くツッコミを使っても嫌われない方法

会話の主役は相手であること ツッコミは合いの手や相槌と同じような役割があるので、相手の話を取り上げて自分が主役になってしまったら失敗です。 自分の話をしたい人が一般的には多いので、相手に気持ちよく話を …

no image

ツッコミは相手に興味を持ち、話を聞くことから始まる

ボケやツッコミと言うと、ユーモアセンスがいるように感じるかもしれませんね。 ただ、お笑い芸人でもない私達のコミュニケーションにおいては、高等技術よりも基本が大切になります。 今回はツッコミの第一歩目に …

no image

ツッコミで相手を気持ちよくさせる2つの方法

1. 相手を褒める・喜ばせる さしすせその法則(さすがですね・知らなかった・すごいですね・センスありますね・そうなんですか)を使う方法が1番カンタンな方法になります。 2. 相手を認める・尊重する お …

no image

「嫌われる人」から「好かれる人」に変わるツッコミとは?

嫌われる人の特徴 人は感情で動く生き物なので、否定されて良い気持ちにはなりません。言い換えれば、否定する人のことは「嫌い」になります。 好かれる人の特徴 人は、ある出来事を見たり体験したときに、「自分 …