新柏ばらんすカイロプラクティックの背中の痛みの治療方法

新柏の背中の痛み治療と肩甲骨はがし専門院

背中の痛みを改善する3つの治療法

ばらんすカイロプラクティックが背中の痛みに対して使う、3つの治療法についてご紹介させていただきます。

  1. 独自の肩甲骨はがし
  2. 手足の関節調整法
  3. 背骨のカイロプラクティック療法

独自の肩甲骨はがし

肩甲骨は肩や腕、背中の筋肉がたくさん集まっているので、肩甲骨が動けなくなってしまうとそれらの筋肉もコリ固まってしまい、頭痛や肩こり、背中の痛みや腰痛が出やすくなってしまいます。


当院では、肩甲骨と背骨の間(内側)だけをはがす一般的な肩甲骨はがしとは違って、肩甲骨の上側や外側もはがす独自の『360°肩甲骨はがし』を行っております。


そのため、「肩甲骨はがしを受けたけど少しも良くならなかった」という方でも、背中の痛みの改善効果が期待できます。


手足の関節調整法

手や腕を大きく動かすと、肩甲骨や背骨まで連動して動きます。そのため、『手の指先から背中の真ん中(背骨)までが腕の筋肉』という考え方が整体にはあります。


そのため、手や腕のトラブルがあると背中の痛みが出てくることも少なくないのですが、当院ではそのような症状に適した、『手足の関節調整法』も得意としています。


当院の『手足の関節調整法』は、整体の専門学校で学生に指導してきた技術でもありますので、なかなか良くならない背中の痛みでもぜひご相談ください。


背骨のカイロプラクティック療法

背中の痛みは、肩甲骨の動きが悪くなっていたり、背中や腕の筋肉がコリ固まっていたり、背骨の動きが悪くなっていることで起こりやすくなります。


当院では、肩甲骨や背中の筋肉に対しては『肩甲骨はがし』で、腕が原因の背中の痛みに対しては『手足の関節調整法』で、背骨の治療にはカイロプラクティック療法を使います。


ボキボキしない整体法

カイロプラクティックというと『ボキボキして痛い』というイメージを持たれる方が多いのですが、当院では整体学校で教えていたボキボキしないソフトな治療法を使うようにしています。


肩こりや腰痛もそうですが、背骨のゆがみが原因で背中の痛みが出るケースもたくさんありますので、カイロプラクティック療法もとても効果的な治療法になります。


背中の痛みが改善されると期待できる効果

背中の真ん中(背骨まわり)の症状を改善することは、自律神経の働きを整えて睡眠の質を向上させたり、疲労の回復力を高める効果が期待できます。


また、背中の右側や左側にある肩甲骨の動きが良くなると、慢性的な疲れやダルさが抜けやすくなり、、体が軽く感じられるようになったり、集中力や作業効率のアップも期待できます。


当院は背中の痛みの治療を得意としておりますので、柏で病院に行ってみたけど改善しなかった症状でも、お電話でぜひご相談ください。



トップへ戻る